8月21日(金)「南新井ふれあいサロン」へ行って来ました。この日は「みんなで編もう会」の活動が行われていて、参加されている方々は、会話を楽しまれながら、編み棒に毛糸を通しサクサクと編まれていました。

 

 

 

 

 

 

 

その時に具体的な活動につきましてお話を伺うことができましたので、ご紹介させて頂きます。

「みんなで編もう会」が発足してから、80cm位の大きさの膝掛け、レッグウォーマー等を編まれて石巻市の被災地へ届けられたそうです。その後、被災地の方からリクエストを頂き、動物をモチーフにした指人形の図案を起こし、一から作品を仕上げられ、被災地の保育園に届けられたそうです。

そこでは1000年も続いているお寺様に作品を祀られ、子どもたちに「これは、のんのん様と言うのですよ」と伝えているそうです。その意味は「人様が一針一針、思いを込めて作った物であることを、感謝の思いを忘れないように、物を貰い慣れてしまわないように」という子どもたちへの教育にも願いにもなっていると、現地に行かれた際に、お寺様からお話をうかがったそうです。

また、一人一つの作品も、5人で作成されると5つの作品ができ、5つの作品を繋ぎ合わせることで、一つの大きな作品ができ、サロンで活動されている皆様は、「みんなで一緒に作品を作り上げることも楽しい」「被災地の方にも喜んでもらえる物を作れて嬉しい」と、お一人お一人が目的を持って取り組まれておられることもお話し下さりました。

本当に素晴らしい活動をされていることのお話を伺えて、私達も感激し胸が熱くなりました。

貴重なお話をして頂けどうもありがとうございました。

その時の活動のご様子と作品をお写真にてご紹介させて頂きました。地域支援係

8月21日(金) 「南平ふれあいサロン」へ行って来ました。
まるで自宅に帰ったかのようなアットホームな一軒家のサロンです。

床の間に大きな七夕飾りの作品が飾られていたり、書道の作品も飾られていました。また高齢者の方に取り組みやすい体操が行われていました。まだまだ残暑が続く中、楽しみにされている方が集まっておられ、私も一緒に参加させて頂きました。体操が終わった後は「あら不思議」体が軽く感じらました。

現代の生活スタイルでは老若男女問わず、意識して体を動かす時間を作ることは大切ですね。
その時のご様子をご紹介させて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

体操が終わった後は美味しいデザートとコーヒーを頂きながら、サロンの皆さまとの楽しい交流も行わせて頂けました。大変嬉しく感じております。皆さま楽しいお時間をありがとうございました。

さて、お近くにお住まいの皆さまはじめ、サロンにご興味を持たれている皆さま、是非とも、一度、足を運ばれてはいかがでしょうか。

地域支援係

8月18日に「談話室ひなたぼっこ」に行ってきました。
ゆっくりと楽しいひと時を過ごせる憩いの場です。
今回は、ひなたぼっこ自慢のシェフが腕によりをかけた昼食をいただきました。
500円でこの品数!彩!味!どれも心遣いが満載なお料理でした。
とっても美味しくて、一瞬のうちにたいらげてしまいました。

お昼ごはんの後は、絵手紙のお教室にも参加しました。
始めに、硯と墨汁・筆・半紙などを用意して、まず線の練習から始めます。筆を持つのは10年ぶりだったため、正しい筆の持ち方すら忘れていましたが、先生が丁寧に教えてくれました。
練習が終わったら、いざ本番です。季節の果物や野菜、花など思い思いの題材を選び、絵を描いていきます。今回は、かぼちゃに梨・ぶどうといった秋の先取りのものや、ゴーヤ・オクラ・百合等がありました。驚いたことに、真っ白なゴーヤもありました。

普段は、こんなにも身も心も落ち着いて絵を描くことがないので、貴重な経験になりました。
色の選び方や塗り方のコツはきちんと教えてくれるので、初心者でも参加しやすいと思います。みなさんもぜひ参加してみてはいかがですか?

興味のある方は、ぜひ談話室ひなたぼっこ(042-581-1383)
または、日野市社会福祉協議会 地域支援係(042-582-2319)までお問い合わせください。

8月1日(土曜日) 三沢中学校地区育成会サバイバルキャンプが実施されました。
連日、猛暑日が続いておりますが、この日も35.1度と暑い中、小中学校生の子ども達は、暑さにも負けずに訓練に参加していました。私たちは子どもから大人まで楽しく学べる「イザ・カエルキャラバン!」の実施のお手伝いをさせて頂きました。

育成会の方始め、三沢中学校長、日野市立第八小学校、日野市立七生緑小学校、日野市立第六小学校の先生方、大学生のボランティア、地域の方々が一団となって、子ども達の未来を考えた取り組みの一つで、27年度で3回目を迎えられたそうです。私達も微力ながらご協力できて大変嬉しく感じております。
また、「イザ・カエルキャラバン!」では、特に育成会の方、大学生の方々が積極的にリーダーとなって活躍されておられました。一部ではございますが、お写真にてその時のご様子をご紹介させて頂きます。    地域支援係&ボランティア係

 

7月2日(木) つくしんぼ保育園 に行ってきました。
南平地域の方々3名と園児たち17名が、お手玉遊びにより交流を深められました。
お手玉遊びは、子ども達の手指機能の発達にもなる遊びです。一部ですがお写真を掲載させて頂きます。

この日は、協力会員さんが、簡単なお手玉遊びから徐々にハードルを高くして、園児たちにわかりやすく見本を見せて行っていました。 お手玉1個、2個、3個と徐々に高度になっていく見本を見ていた園児たちからは「きゃー!!」「すごーい!!」と大感激の歓声。前のめりになって夢中で見ていました。

次に園児たちがチャレンジ。子ども達は上手くできるまで何度も何度もチャレンジしていました。印象的だったのは、近くに寄って来て「ねぇ見てて!」「見てて!」とアピールしてくる子供たち。右手の上にあったお手玉を、高く上げ、左手でキャッチできると大喜び。「すご~いね!」と声かけすると嬉しそうな表情。子ども達の「できたぁ~!!」と大歓声が教室中に響いていました。

次回9月の行事が今から楽しみです。地域支援係

 

 

6月19日(金) つくしんぼ保育園 では、協力会員の方によりアコーディオンの演奏がありました。その時のお写真をご紹介させて頂きます。


園児たちは、アコーディオンの演奏に耳を傾けて静かに聞いていました。
その後、本物の楽器を間近で見てどう感じたのでしょうか。
この園児の中から、将来の音楽家が誕生するかもしれませんね。これからも応援して行きたいです。地域支援係

 

 

 

5月22日(金) つくしんぼ保育園 に行ってきました。
南平ふれあい協議会の協力員の方が、紙芝居の朗読、レクリエーションを取り入れた遊びを行って、
園児たちと交流をされいるところに、お邪魔させて頂きました。
紙芝居が始まりますと、子ども達は、協力員の方の抑揚ある話術にどんどん引き込まれ、お話に耳を傾けて夢中になって聞いていました。子ども達が夢中になっている姿がとても印象的でした。

南平ふれあい協議会の協力員の方々と、つくしんぼ保育園の園児たちの交流会を、これらもご紹介させて頂きたいと思います。

お楽しみにして下さい。また、今後共よろしくお願い致します。 地域支援係

日野市高幡の浅川苑近くにサロンができましたのでご紹介します。
その名は「ふれあいあじさいサロン」 サロン立ち上げに参加されている皆様の「高幡といえば紫陽花よね」とのお声から決まりました。現在の活動は、月1回の第3火曜日 13:30~15:30頃、参加費は100円。
もちろん、煎れたての美味しいコーヒーを味わうことができます。
私が見学にお邪魔した7月21日(火)は、民謡の先生の三味線に合わせて「斎太郎節、花笠音頭、秋田節、武田節」を、参加者の皆様と一緒に歌いました。参加者の方からは「民謡は楽しい!」「民謡を増やしてほしい!」「声を出すと元気になる!」等々の感想が出ていました。

 

 

 

 

 

 

 

さて、これらからの「ふれあいあじさいサロン」の活動予定もご紹介させて頂きます。

「8月介護予防について」「9月保健師さんによる血管年齢測定」「10月三味線の演奏による民謡」「11月介護保険について」「12月クリスマス会」「1月新年会」「2月三味線の演奏による民謡」「3月薬の話」   お近くの皆様も、是非、足を運んでみて下さいね。 地域支援係

 

© 2017 日野市社会福祉協議会ブログ Suffusion theme by Sayontan Sinha