日野市の福祉を支える人材発掘のため、新たに職員を募集する福祉事業所・施設が出展する「福祉のしごと相談・面接会」を10月9日(金)日野市高幡の福祉支援センターで開催しました。

高齢福祉関係5社、障害4社、保育2社の計11のブースでは、個別に職員に直接相談できる貴重な機会とあって、「介護のしごとをしてみたい!」「福祉の現場の話を聞いてみたい!」という方々に多くご来場いただきました。

 

日野市社会福祉協議会のブースでは、ボランティアの相談受付や有償家事援助サービスの協力者募集を行いました。(^^)

福祉人材発掘・育成や不足する介護人材の確保を目的に、東京都福祉人材センターさんとともに実施しています。今回は、就労支援の強化を図っていくためハローワーク八王子さんにもご協力いただき実施致しました。この機会がご来場いただきました皆様にとって、よき仕事・職場の発見の一歩となりますことを心よりお祈り申し上げます。

また、ご出展・ご協力いただきました事業者はじめ関係の皆様に厚く御礼申し上げます。  (総務係)

********************************************

主催 日野市社会福祉協議会・東京都福祉人材センター

共催 ハローワーク八王子(ハートフルワークコーナー)

9月27日(日)南平児童館・地区センターを会場に行われた

南平六丁目田中自治会『炊き出し訓練』に参加しました。

 

日野市社会福祉協議会&ボランティアセンターでは、こうした防災訓練や活動の参加を通じて,地域で実施する様々な活動や取り組みについて、情報交換や収集を行っています。

今回、ボランティアセンターでは、『炊き出しでできたご飯を紙でつくった食器に入れて食べてみよう!!』ということで『紙食器の作り方』をご紹介させていただきました。

 

この炊き出し訓練では、自治会や消防、警察関係者のほか、都立南平高校や明星大学、中央大学などたくさんの学生ボランティアの皆様が参加されていました。

 

『応急給水拠点』 の紹介 (日野市防災安全課)

知っていましたか?日野市内には、5つの給水拠点(配水2カ所と浄水所3カ所)があります。

是非、日野市防災ハザードマップ』 & 『日野市洪水ハザードマップ』をご確認ください..

 

消火活動体験(日野消防署)

角型消火栓(マンホール)よりホースをつなげて、消火活動を南平高校の学生が体験!

 

『応急給水キット組み立て式&検査キット』 のご案内 (日野市防災安全課)

市内小中学校など26施設に、給水キットが設置されています。今回は角型消火栓から実際に給水キットにつなげてみました。付属の検査キットで薄ピンク色だと確認できれば塩素が含まれていて、『飲み水』となります。

 

カマドで火起こし & 炊き出し(南平六丁目田中自治会)

 

ロープワーク & ジャッキの使い方 (災害時支援ボランティア & 日野消防署)

 

新聞紙を使っての紙食器づくり (日野市ボランティア・センター)

折り紙が得意な方なら、既に折り方をご存知かもしれません。昔からの遊びを生かした知恵!!(^^)

できた紙食器にビニール・ラップを覆えば汁物なども入れられます。

できたご飯をおにぎりして・・少しだけ紙食器にのせて・・・みんなで食べましたб(^^;)

 

本日、最後は・・・

東日本大震災で被災した宮城県東松島市を訪れた、都立南平高校の生徒の皆さんから、交流・活動体験のお話がありました。

津波で被災した現地の方々との交流やお話を通じて

誰かが助けてくれるのを待っていてはいけない。自分の命は自分で守る!!

災害が大きければ大きいほど、誰かが助けにきてくれる可能性は低い・・

たとえ高齢者でも・・障害のある方でも・・自分たちのできる範囲の行動を起こさなければいけない!

と、力強く報告されていたことが、とても印象的で頼もしくみえました!!

 

日曜日の午前中という限られた時間でありましたが、『災害や防災対策に関すること・・』

内容盛りだくさんで、楽しく学べる機会でした。

100人近くの参加者には、多くの学生ボランティアの姿も見られ、エネルギーに溢れた企画でしたが、実際にこの地域で暮らす住民の姿が少なかったように感じられました。

 

災害時や防災のことだけでなく・・・

自分の暮らすまちのこと・・・日頃からできること・・・

皆さん、いっしょに考えてみませんか。 (日野市ボランティア・センター)

障害者も健常者もいっしょにみんなでスポーツを楽しむイベント
『みんなといっしょの運動会(障害者運動会)」

今年で19回目を迎え、10月4日(日)に開催しました。

この運動会は、中央大学(八王子市)にご協力いただき、中央大学第一体育館を会場に

日野市内福祉施設と地域のボランティアさんなど、参加者は総勢500人を超え、盛大に行うことができました。

初参加となる障害児放課後デイサービスの『ウィング』さん&『つきのおあしす』さんを加え、参加団体は9施設。(下記参照)

 

一日怪我なく元気に楽しむために、みんなでラジオ体操から始まり

 

続いて施設施設ごと紅白に分かれての対抗戦。今年実施する競技は『大玉転がし』や『綱引き』・『玉入れ』など全9種目。

 

 

 

 

 

 

 

その中でも一番人気の種目は、『パン喰い競争』!!『パン目当て』に会場にいるほとんどの人が参加して、

この時とばかりに全力で競技を楽しんでいました。

競技に使用するパンは、参加団体の一つ「パン工房あおいとり」さんにご協力いただいています。

 

昼休みには、中央大学応援団やチアリーティング部による演舞を披露していただきました。p(^^)q

 

最後の競技は、参加者全員仲よく手をつないで、レクダンス。♫

今年は、紅組の勝利。

会場をご提供くださった中央大学副学長の橋本先生より紅組代表として

夢ふうせんからの参加者へ学長杯が手渡されました。(拍手!!パチパチパチ)

スポーツを通じて障害者と地域の方が一緒に汗をかいてふれあい、理解を深め合う楽しいひとときでした。参加していただいた皆様に心より感謝申し上げます。     (日野市ボランティア・センター)

*************************************************

【 参加団体 】 赤)夢ふうせん・あおいとり日野・日野療護園・ウィング

白)すずかけの家・東京光の家・あおぞら・里山工房くらさわ・つきのおあしす

【主 催】 社会福祉法人 日野市社会福祉協議会                     【共  催】 東京日野ライオンズクラブ

【  運営協力  】 中央大学/東京薬科大学/日野市民生・児童委員協議会/日野市赤十字奉仕団/国際ソロプチミスト日野/㈱南観光交通/東京ヴェルディ

【ボランティア】 明星大学・実践女子大学・日野ボーイスカウト・ガールスカウト・都立日野高校・日野社協児童部会ほか 多数の地域の皆様

10月1日、「じぶんの町を良くするしくみ」をスローガンに『赤い羽根共同募金運動』が全国で始まりました。

日野市でも10月1日(木)・4日(日)に、市内駅頭や多摩動物公園入場門で街頭募金運動を行いました。

日野わかば保育園 さん  都立日野台高校(1年生) さん

毎年、多数のボランティアにもご参加いただき、街頭募金運動を実施しています。

日野市赤十字奉仕団 さん  日野ボーイ/ガール・スカウトの子どもたち 

通勤・通学中に足を止めて募金をしてくださった皆様、温かいお声掛けいただいた皆様に心より感謝申し上げます。

この運動は、12月末まで行っていますので、10~11月中、他数の地域の皆様に、募金ボランティアに参加をいただく予定です。

お出かけの際、募金活動をお見かけましたら、温かいご声援(支援)をよろしくお願いします(^o^)/   総務係

≪職員と明星大学の実習生≫

赤い羽根の使いみち(画像をクリック)

© 2017 日野市社会福祉協議会ブログ Suffusion theme by Sayontan Sinha