本当に「目からウロコ」だったよ。

先生の話をうちのスタッフにも聞かせたい。

 

とは、市内のある施設の施設長が話してくれた

参加後の感想です。

 


 

7月7日(土)に、

市内の高齢福祉サービスや障害福祉サービスの事業所の

経営者・管理者を対象にしたセミナーを開催しました。

 

これまでこの介護人材育成研修では、

現場で働く施設職員やヘルパー、ケアマネジャーを対象にした

様々なテーマの研修会を年間通じて開催してきました。

 

今年度もそれらの研修会は継続しながら、さらに研修で参加者が学んだことを

個人としてだけでなく事業所でチームとしても発揮できるよう、

経営者・管理者向けに新たに開催したのが今回のセミナーです。

 

第1回の講師は、本研修会では介護実技などでおなじみの

青山幸広先生(ケアプロデュースRX組代表)です。

青山先生は現在、市内の事業所をはじめ全国の事業所において

介護現場でのアドバイスや、地域を守ってきたお年寄りが主役になる

新しい施設のプロデュース、地域づくりなどに取り組んでおられます。

 

当日会場に集まった経営者・管理者への青山先生からのメッセージは、

その人がしたい事やりたい事チャレンジしたい事を実現するという介護観や、

人が元気になるこれからの介護環境づくりなど、多岐に渡りました。

 

特に印象的だったのは、一人の人が自分の人生の主役となって

自己実現をできるようになるためには、どんな段取りが必要なのかという話。

 

ある施設のスタッフたちが行った実践事例から、

どうやって本人のやる気を引き出し、どんな役割を担って本人の自己実現を支えたのか、

具体的にお話しいただきました。

 

また、スタッフたちもその経験を通じて、

自分たちの仕事に「やりがい」を再発見したということでした。

 


 

お話を聞いて気付かされました。

もう一度、利用者のことを見つめなおしたいと思います。

 

とは、別の施設の施設長の感想。

私たちも、一人の人にどうやって向き合っていくのか、

改めて気付かされました。

 

(在宅サービス係)

返信する

以下のHTML タグと属性が利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

© 2018 日野市社会福祉協議会ブログ Suffusion theme by Sayontan Sinha