「虐待」と聞いて、まっさきに私たちの頭に思い浮かぶのは、2015年に報じられた川崎市内の
有料老人ホームでの事件や2016年に報じられた相模原市内の障害者入所施設での事件など、
先鋭化した重大事件ではないでしょうか。

これらの事件は非常に極端な事例だとは思いますが、自分自身や私たちの大切な家族が
様々な介護が必要な状態になった時、しっかりと生活を支えてほしい福祉施設で虐待が起きることは
その大小に関わらず誰も望んでいません。それは、現場で働く職員たちも同じです。

日野市社会福祉協議会では、日野市から委託を請けて市内の介護保険事業所などに勤務する
専門職に向けて、身近な地域で専門的な研修に参加できる介護人材育成研修事業
平成19年度より毎年継続して実施しています。

今回、虐待防止・発見対応をテーマに研修を開催したところ、
市内の高齢者や障害者の福祉施設で働く施設長から現場職員を中心に、在宅の生活を支える
ヘルパーやケアマネジャー、地域包括支援センターの職員など50人近い方々にご参加いただきました。

講師は、川端伸子先生(公益社団法人あい権利擁護支援ネット 社会福祉士)です。
施設で介護職員として働き、医療ソーシャルワーカー、東京都老人総合研究所での相談・研修の担当を経て、
(財)東京都福祉保健財団 高齢者権利擁護支援センターの前センター長を務められた経験をお持ちです。

川端先生からは最初に、社会保障費をはじめとする国の制度設計や職員の不足など、
福祉施設の置かれている非常に厳しい現状や虐待の考え方、
施設・事業所に課せられている虐待防止のための措置などの義務についての再確認がありました。

厚生労働省の調査では、平成21年度から27年度まで要介護施設従事者等による高齢者虐待の
相談・通報件数が年々増えています(408件→1,640件)。川端先生は、これを相談・通報者の
半数近くを占めている施設職員に発見の目が育っている証であると捉えており、評価されていました。

また、虐待防止に取り組むためには、川端先生は介護職として働いた実体験も踏まえ、
倫理観やケアの質を高める「個人」による動きだけでなく、職員負担やストレスを考慮して
不適切なケアを放置しない「組織」による体制づくりやチームアプローチをとりやすい
組織風土づくりの動きが欠かせないということでした。

「大変なことを大変と言い合える職員間の良好なコミュニケーション。」
虐待を未然に防ぐヒントが意外に身近なところにあることが分かりました。
私たちが施設を選ぶ際のヒントにもなりそうですね。

当会では、今後も当会WEBサイトや広報紙「ひの社協だより」で介護人材育成研修について
お知らせしていく予定です。ぜひご期待ください。

ひの社協だより

http://www.hinosuke.org/modules/other_info/index.php?content_id=23

 

(在宅サービス係)

「日野市民でつくる防災・減災シンポジウム」は今年で3回目!

現在、8月の本番に向けて、実行委員約25人が熱い議論を交わしています。実行委員の多くは日野市内の自治会・自主防災会の皆様です。委員一人一人の知識やスキルを活かしながら、当日の構成を練り上げています。

第1部のゲストは、福島大学特任准教授の天野和彦さん。東日本大震災時に約2500人が殺到した大規模避難所“ビックパレットふくしま”の運営を担った天野さんには、「いのちを守るために必要なこと」についてお話し頂きます。

第2部の分科会では「避難所運営」「自助・共助」「災害時要配慮者」「水害」をテーマに、昨年と異なる切り口で講演・グループワークを行います。

防災に関心のある方はぜひご参加を!お待ちしております!


【平成29年度 日野市民でつくる防災・減災シンポジウム】

第一部 基調講演「いのちを守るために必要なこと」

講師:天野和彦氏(福島大学うつくしまふくしま未来支援センター特任教授)

第二部 分科会

①思いやりのある避難所運営

②今やろう!災害があっても自宅で過ごすための準備

③地域の災害時要配慮者を知ろう!

④河川の危険を知ろう


日時:平成29年8月5日(土)13:00~17:00(開場12:30)

会場:実践女子大学 本館4階441教室(日野市大坂上4-1-1)

定員:先着150人(手話通訳あり、お申し込みの際にお申し出ください)

申込:電話またはFAXにてお申し込みください

申込み・問合せ:日野市ボランティア・センター

(TEL=042-582-2318、FAX=042-582-0082)

防災シンポジウムチラシ2017

5/10(水)19時から日野市民会館小ホールを会場に

平成29年度 日野市手話講習会 開講式を行いました。

今年も多くの方にお申し込み頂き、約150名の方が受講生をお迎えすることができました。

奥住日出男会長による開会のあいさつに続きまして

 

 

 

 

 

 

大坪冬彦日野市長、西野正人日野市議会長よりお祝いの言葉を

手話を交えていただきました。

 

 

 

 

 

関係団体からも、

日野市聴覚障害者協会(会長 有山一博さん)・ ひの手話サークル(会長 黒田明子さん)

日野市登録手話通訳者の会(会長 荒居信子さん)よりお言葉をいただきました。

続いて、各クラスの講師・助手の紹介。

それぞれのクラスでどの先生方になるのか、楽しみにしていた方も

少なくなかったのではないでしょうか(^^)

耳のきこえない方にとって、「手話は言語である」というお話がありました。

「障害者差別解消法」が制定され、手話の必要性は今後ますます増していきます。

手話を学びたいと思う方が増えていくことを強く期待しています。

 

今回、日野市聴覚障害者協会会長の有山一博氏によるミニ講演会を行いました。

「ろう者にとって手話はいのち」というテーマで

ろう者の方々がこれまで苦労しながら社会や差別を乗り越えてきた歴史や、

手話を学ぶこと、手話をひろめていくことの重要性をお話しいただきました。

お話しに会場の皆様が熱心に耳を傾けている様子がみられました。

これから手話を始める方にとって、手話とはどういうものなのかを知る機会になったと思います。

 

30回を超える講習会に学校や仕事との両立は大変かと思いますが、

受講生の皆様、1年間頑張ってください(*^^*)

来年3月でも閉講式で多くの修了生をお迎えすることを楽しみにしています♪

(総務係)

講演会資料「ろう者にとって手話はいのち」

「日野市聴覚障害者協会」「ひの手話サークル」の皆様より

「ひの手話まつり(第1回)」のお知らせをいただきました。

 

日時 5月20日(土)13時~16時

会場 七生公会堂

内容 式典・記念講演&パフォーマンス・アトラクション・パネル展示など

(入場無料・手話通訳・要約筆記あり)

手話が初めての方の楽しめるイベントです(^⊥^)

詳しくはコチラをご覧ください。

3月24日(金)~31日(金)にかけて、市内4会場で「ボランティア入門講座」を開催しました。

ボランティア入門講座は、ボランティア初心者からベテランの方まで、ボランティア活動に役立つ知識やスキルを身につけ、安心して活動いただくための講座です。

第1回は、高齢者施設や障害者施設はもちろん、日常生活でも使える「車いすの使い方」を学びました。

 

 

 

 

 

「自分の身体が元気なうちに困っている人の力になりたい」「高齢者施設でのボランティア活動に役立てたい」「家族の介護に生かしたい」「高齢者住宅の入居者同士で助け合いたい」そんな熱い思いを持った27人が参加されました。

ゲストは電動車いすユーザーの山田彰一さん。車いす生活で遭遇する「困ること」「嬉しいこと」をお話しいただきました。

【困ること】

・駅の券売機やATMの画面が見えづらい、手が届きにくい

・自動販売機の上段にある飲み物が買えない

・手動のドアが開けにくい

・商品棚の上段に手が届かない

・踏切の溝に前輪がはまり動けなくなることがある

・急な坂道はブレーキがきかず怖い思いをする

【嬉しいこと】

・(通りがかりの人が)コンビニの手動ドアを開けてくれた

・(通りがかりの人が)手の届かないところにある商品を取ってくれた

・高尾山を電動車いすで登ったら、たくさんの人が手伝ってくれた

その上で「道路や施設をバリアフリー化することはもちろん大切だけれど、お金をかけなくても、誰かに手伝ってもらえればどこにでも行ける。“心のバリアフリー”が大切なんです」と話されました。

最後は車いす体験!

段差につまづいたり、うまく曲がれなかったり、試行錯誤を繰り返しながら日野の街をぐるりと散策しました。

 

車いすに乗っている人も介助する人も、終始コミュニケーションをとりながら、ニコニコ笑顔の体験です。

参加された皆様からは「長距離を自分一人でこぐのは非常に大変!疲れた~」「車いすに乗る人と押す人の信頼関係が大切だと実感しました」「普段と目線が変わり新鮮だった」「段差をのぼる際に持ち上げられるのが、思った以上に怖かった。車いすに乗っている人の気持ちを想像しながらお手伝いするように心掛けたい」とご感想を頂きました。

今後も2~3か月に一度、様々なテーマで「ボランティア入門講座」を開催します。ご関心のある方はお気軽にご参加くださいね♪

(ボランティア係)

1月~2月にかけて開催された『傾聴ボランティア入門講座』

相手の話を否定せず、じっくりと耳を傾ける『傾聴』の技術を学び、傾聴ボランティアとして活躍いただくための講座です。

ボランティア・センターにも、一人暮らしで話し相手の欲しい方や、市内の高齢者施設からたくさんの依頼が寄せられています。

今回の受講者は20人。

「高齢者施設でボランティアをしているが会話が難しくて…」

「夫婦のコミュニケーションを円滑にしたくて…」

「子育てに生かせると思って…」

様々な受講理由で、30~80代の男女が集いました。

第1回~3回はNPO法人P.L.A.の荒木先生と黒田先生をお招きし、傾聴の基本を学びます。

始めは緊張した面持ちで言葉少なだったみなさんも、回を重ねるごとに表情が和らいできました。

第4回は、認知症サポーター養成講座を受講。傾聴ボランティア活動で訪問することの多い、認知症をお持ちの方への接し方を学びました。ご本人の気持ちや世界観を大切にしながら、ゆっくりと分かりやすい言葉で話しかける…勉強になります。

第5回は、施設見学!市内の高齢者施設(小規模多機能ホームさかえまち・デイサービス多摩あんしん館・特別養護老人ホームマザアス日野)を見学し、利用者さんとのお話を楽しみました。

傾聴ボランティア活動をしてみたい方、傾聴ボランティアさんに訪問してほしい方は、お気軽にボランティア・センターまでご相談ください(^O^)/♪

(ボランティア係)

3月12日(日)イオンモール多摩平の森イオンホールを会場に
平成29年度「福祉のつどい&ボランティア交流会」を開催しました。

お気づきになった方もいらっしゃるかもしれません。これまで、別の企画として実施していた「福祉のつどい」と「ボランティア交流会」を今回、共同開催としました。

両企画ともに、様々な活動を通じて、地域に貢献してくださった方々が集い、日頃の活動・貢献に対しまして感謝を申し上げる場、また情報交換・交流を通じて、これからの活動に生かしていただく機会となれば、と思い開催しています。

当日は、受付が始まるとともに大行列。会場外にまでたくさんの方が並び、ご来場いただいた皆様・イオンにお買いものにいらした方など大変ご迷惑をお掛けしました。混乱しながらも、どうにか定刻通り開始することができました。

 

「午前の部「福祉のつどい」

【表彰】
福祉団体や福祉施設などでボランティアをされてきた方々、また、市内で防災減災活動に取り組んだ方々、街頭募金ボランティアを行った市内の中学校、都立高校、大学生などの皆様に表彰状・感謝状が授与されました。
皆様、おめでとうございます!

 

 

来賓として、大坪冬彦日野市長、西野正人日野市議会議長、NPO法人日野市民活動団体連絡協議会の湯口裕理事長、中央大学ボランティアセンター開澤裕美様、日野市役所から原島福祉政策課長、熊澤地域協働課長にお見えいただきました。

お忙しいなか、ありがとうございます。
【地域団体による催し】①日野市老人クラブ連合会みなみが丘友遊クラブの皆さんによる合唱!リズムに乗って力強い歌声を披露してくださった友遊クラブの皆さん。日頃の練習の成果をご披露いただきました。

 

 

 

 

②障害者福祉施設あおいとり日野の皆さんにによるパワフルな合唱!
鈴を鳴らして、身体を揺らして、会場に元気を届けてくれました。この時のために、皆さん一生懸命に練習してくださいました。

 

 

 

【ゲストコンサート】若干20歳のプロヴァイオリニスト式町水晶(しきまち・みずき)さん。脳性マヒのリハビリのため4歳からヴァイオリンを始め、手足の不自由さや失明の危機と闘いながら、各地で東日本大震災のチャリティーコンサートを開催してきました。
今回は、ピアニストの加藤景子さんとともに、リズミカルな「ディズニーメドレー」、透き通るような音色の「スマイル」、奇跡の一本松で作成された津波ヴァイオリンによる「花は咲く」を演奏、アンコールは力強い「リベルタンゴ」を披露し、会場を大いに沸かせました。

午後の部「ボランティア交流会」

交流会の冒頭に、日野第一中学校の皆さんにこれまれのボランティア活動についての報告していただきました。

中学生の目線でボランティア活動に関わる意義や必要性などをお話され、日頃ボランティア活動を行っている会場の皆様も中学生の報告に熱心に耳を傾けていました。内容も表現も豊かにとても頼もしく感じる中学生の皆さんでした。

 

その後、各テーブルごとの情報交換・交流タイムとなり、とても和やかな雰囲気で、「ボランティア活動を始めたきっかけ」「ボランティア活動を行う上で心掛けていること」をテーマに話し合っていただきました。

ベテランの参加者からは、「久しぶりに中学生や高校生の若い方々とお話をして、刺激を受けた(^^)」との声を寄せていただきました。

障害のある方、中高生や大学生からボランティア活動を長い間行っている年配の方々まで、改めて地域は幅広い方々に支えられていることを実感する機会となりました。

皆様、一日ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。m(_  _)m (総務係&ボランティア係)

権利擁護センター日野では、認知症等により判断能力に支障のある方が安心して地域生活を送れるようにサポートするため、成年後見制度に関わる各機関の意見交換・情報交換・事例検討等を目的とした会議を定期的に開催しています。

今回のテーマは、社会的に関心の高まっている、認知症高齢者の交通事故についてでした。

●「被後見人等の交通事故~被害者になった時の対応・加害者になった時の責任と対応~」
(講師:かたくり法律事務所・山本英司弁護士)
●「高齢者の交通事故の現状」
(講師:日野警察署交通課・磨田良文警部補)

 

 

 

 

 

 

↑山本弁護士からは後見人と被後見人などの法的責任の範囲などについてお話いただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

↑日野警察・磨田氏からは高齢者の交通事故の現状や事故防止についてお話いただきました。

講義のあとはグループごとに、議論を深めていただきました。
参加者からは

「警察の方、弁護士の先生の専門的な話を聞けてよかった」

「専門職と支援機関などが一緒のテーブルで議論でき有意義でした」

などの声をいただきました。

(権利擁護係)

いざ!あきる野!
在宅高齢者ケアサービス事業新年会

私たち日野市社協では、市民のみなさんにご協力いただいて、
高齢で在宅での日常生活に支援が必要な方に家事援助などのたすけあい活動を実施しています。

この「在宅高齢者ケアサービス事業」の会員による新年会を
2月の晴天の中、行いました。今年は、バス「ふれあい号」を使ってあきる野市方面へ。
普段、活動にご協力いただいている協力会員と利用していただいている利用会員の
両会員から合わせて27人、定員いっぱいでご参加いただきました。

まずは、「大悲願寺」へお参りに。
あきる野市の指定文化財の「観音堂」の見事な彫刻や都の指定文化財の「本堂」を回り、
仙台藩主伊達政宗が大悲願寺に宛てた書簡「白萩所望状」の写しも見学。
「こんな近くに歴史あるお寺があったなんて知らなかったね~。」と、みんなで感嘆してしまいました。

目が満足したところでお腹も空いてきたので、「黒茶屋」へ。
渓谷沿いに立地しているので、お店に入るのに坂を下らなければなりませんが、
脚に不安がある方も車でお店の前まで送迎していただけました。

初めてという方、数年ぶりという方、様々でしたが、季節の幸をみんなで堪能しました。
「別腹もお腹いっぱい。」なんて声も…。

お腹がいっぱいになったら、バスで再び移動。「近藤醸造株式会社」での醤油工場見学。
参加者からイケメンと名高い近藤寛さんの丁寧で親切な説明に、「醤油の味が今日から変わりそう…。」

お醤油の後は…、といえばお豆腐ですね。
バスでさらに「八王子一丁庵」に移動。
美味しい豆腐を求める方が多い中、ある紳士は一人豆乳ソフトクリームをチョイス。
「ほのかに豆腐の香りがするな。」と堪能されておりました。

今回の新年会、みなさんにご満足いただけたようで、一年のいいスタートがきれました。
次回もぜひご参加くださいね。

(在宅サービス係)

日野市内で人材を募集する福祉施設をバスでめぐる見学する

就労のための「福祉のしごと見学会」を1月11日(水)&17日(火)に行いました。

福祉のしごとを「見て、聞いて、感じる」ことができる企画として福祉人材確保を目的に行っています。

毎年、定員を超える応募者があり、「福祉のしごと」に関する関心は決して低くないと感じています。

福祉業界も多様化、複雑化するなか、「介護」や「支援」といっても、形態や種別も様々です。

「なんとなく分かってるけど、実際の所あまりよく分かっていない」という方も少なくないのではないでしょうか。

本企画では、こうした事業形態や種類、制度上の位置づけなど就労支援だけでなく、

福祉施設やサービス内容についての少しでも知っていただけるよう車中でご案内しています。

今回は、日野・豊田コースと高幡コースの2コースを設定し

日野コースでは①介護老人保健施設「カトレア」(高齢者入所施設)

 

 

 

 

 

 

②小規模多機能ホーム「さかえまち」(高齢者通所施設)

 

 

 

 

 

 

③生活介護夢ふうせん(障害者通所施設・障害者就労支B型併設)

 

 

 

 

 

高幡コース(1/17)では

①特別養護老人ホーム「ラぺ日野」(高齢者入所施設)

 

 

 

 

 

 

②就労継続A型事業所「ディーセントワーク平山台」

 

 

 

 

 

 

③サービス付き高齢者専用住宅「風のガーデンひの」

大小さまざまな施設や事業形態(種別)の施設を見学しました。

各施設の方々もとても丁寧にご説明してくださいました。

参加者からの皆様からは、「短時間で色々な施設を見れて参考になった」

「仕事の内容だけでなく、職場の雰囲気や使用機材なども見ることができて勉強になった」

などの声をお寄せいただくことができました。

日野市内に限らず福祉分野における人材確保は、重要な課題となっています。

今後も福祉人材の育成・発掘のためこうした企画を実施していきたいと思います。

共催)東京都福祉人材センター多摩支所 ハローワーク八王子ハートフルワークコーナー

(総務係)

© 2017 日野市社会福祉協議会ブログ Suffusion theme by Sayontan Sinha