2月23日(土)日野市の地域福祉の発展に貢献された方々への感謝の集い
「第34回福祉のつどい」を開催しました。

第1部表彰では、表彰状・感謝状の受賞者26人の皆様に感謝のお気持ちをお伝えしました。

受賞者代表のご挨拶では

今日行く(きょういく)・今日用(きょうよう)の実践とお互い様の精神

地域のお役に立てて本日の受賞につながり光栄です。」とのお言葉をいただき、

こうした皆様のお気持ちとお力添えに支えられているだと改めて実感しました。

その後、障害者施設や日野市民生児童委員合唱団の皆様に
合唱で会を盛り上げていただきました。

           ♪障害者施設 あおいとり日野 ・・・振り付けや踊りで一層賑やかに

♪日野市民生児童委員合唱団 かしの木 ・・・すばらしい歌声でした

 

第2部シンポジウムでは、日野市内社会福祉法人ネットワークと共催で
あなたから始まる地域共生社会を考えるシンポジウム』を開催しました。

「輝く子どもの笑顔のために・・」をテーマに、日野市内で活動する3つの取り組み
1 食がむすぶ子どもの支援」          NPOフードバンクTAMA

2 「地域の想いつまった“ほっかほかのおむすび”」 おむすびキッチン&(社福)夢ふうせん

3 地域でつくる学習支援の輪         無料学習塾日野すみれ塾

の皆様に事例発表を行っていただきました。

それぞれ活動の形は違いますが、「自分が感じたこと(課題)をできることから始めている」
ということは共通しているかもしれません。

 

 

 

 

 

 

市民やNPO法人、社会福祉法人、民生児童委員をはじめ参加者の皆さんといっしょに
「子どもの笑顔(みらい)」について考えるよい機会となりました。

ご来場いただいた皆様はじめ関係者様のご協力に心より感謝申し上げます。

当日は、フードドライブのご協力も呼びかけて、ご来場いただいた皆様より
約30kgの食品をお持ちいただきました。

お預かりした食品は、フードバンクTAMAさんを通じて、地域の皆様に寄附させていただきます。(感謝)

(総務係)

2/20 コミュニケーションコース

入門昼クラス、基礎昼クラスの合同の講演会がありました。

今回は地域にいる聞こえない方にお越し頂き、

座談会形式で行う講演会でした(^o^)♪

お越し頂いたのは、森田由紀恵さんと吉田真弓さん。

私達も経験するような日常生活上の様子や困りごとをテーマにお話し頂きました。

子育てで困ったこととして、子どもの病気に気づきにくいことや

夜泣きに気づかない、子やママ友とのコミュニケーションの難しさ等が挙げられていました。

その他トイレなどで光が遮断される場所にいると来客時に光るフラッシュベル

に気づかず再配達されてしまうことなど・・・・

どれも何気ない生活の一場面で起こることだと気付かされました。

 

講習会に参加された方達からも積極的に質問が挙がり、

聞こえない方の生活を知るよい機会となったと思います(*^^*)

(総務係)

 

2/15(金)、日野市内社会福祉法人ネットワーク主催の意見交換会を開催しました。
対象地区はとよだ・ひらやま地区(二中・平山中地区)、会場は、東京光の家カフェカナン!

経験年数3~10年程度の職員さんにお集まりいただきました。
4グループに分かれ、カナンさんからの差し入れのメレンゲのお菓子やチョコをつまみ、お茶を飲みながらの意見交換会(^u^)

今回のテーマは「福祉の魅力再発見!」
日頃の業務の楽しいことや嬉しいこと、辛いことなどを語り合い、福祉の仕事の魅力を振り返ること、その魅力を次世代に伝えていくことを目的としました。

みなさん、始めは初対面の方も多くなかなか話せない様子でしたが、参加者の多くが経験や世代が同じ位ということもあってか、時間が経つにつれて活発な意見交換ができました。

最後は、自分自身が思う「福祉の仕事の魅力」について考えて発表していただきました。
「時間が足りない」「今後も継続して開催して欲しい」との参加の声!

普段の仕事ではあまり感じることが少ないけれど
「他の施設とつながること(顔見知り)はある方がいいなぁ」と改めて感じていただいた一日でした。。

最後に。

参加者集合写真。

今後もこのような機会を検討していきたいと思います。

(総務係)

© 2019 日野市社会福祉協議会ブログ Suffusion theme by Sayontan Sinha