昨年から行っている、社会福祉法人職員の地区別意見交換会。
今年はひの(日野一中・大坂上中)地区を対象に10/11(金)に開催しました。

会場は、「特別養護老人ホームマザアス日野」です。

当日は、台風が接近しどしゃ降りでしたが、20人近くの方にお集まりいただきました。

ひの地区は、市内の他エリアに比べ社会福祉法人保育園が数多くあります。
なんと参加者の6割以上が保育園の先生!

本ネットワークの幹事でもある、万願寺保育園の長谷川園長からご挨拶いただきました。


ここでサプライズが!
長谷川園長から「みなさんの緊張をほぐすように~」と歌のプレゼント☺ ありがとうございます!!

マザアス日野の古谷施設長から、社会福祉法人マザアスの地域公益活動についてお話しいただいた後…

いざ、
意見交換会スタート!

今回も、法人・施設PRをそれぞれ行い、グループに分かれ「福祉(自分)の仕事の『嬉しいこと・楽しいこと』『悲しいこと・辛いこと』」ことをテーマに話し合いました。

「他職種の人とお話しできてよかった」「楽しかった」「みなさん、お話し上手で勉強になりました」…

参加された方にとって、有意義な時間となったようで何よりです。
近くにある社会福祉法人同志、それぞれの職員さん同志で交流することはなかなかできません。今後もこのような機会を作っていきたいと思います。

集合写真。みんないい笑顔です(*^_^*)

 

(総務係)

10/4(金)福祉のしごと相談会を実施いたしました!

今年の会場は福祉支援センターです!(^^)

高齢10ヵ所、障害2ヵ所、保育2ヵ所の合計14事業所の皆様が出展されました。

どこの施設も人材不足が課題となるなか、出展事業所の募集では定員を超える希望をいただいています!

そうした現状の中、この相談会に参加者が減少傾向でありましたが、今年は昨年をを大きく上回る方々に

お集まりいただき、会場は熱気に溢れていました。

「働きやすい職場づくり」を事業者も進めており、【時間限定】【業務限定】【年齢、資格不問】

といった形で採用に向けた工夫をされていると考えています。

当日ご参加いただいた皆様より、

『予想以上の参加者で驚いた!』

『普段着で参加できて気が楽だった!』

『資格がない自分でもできる仕事があるんだ!』

『マンツーマンで相談が受けられて良かった!』

『施設からのPRタイムが良かった!』

といった声をいただきました。

今後も福祉人材不足の解消のための機会づくりに努めていきたいと思います(`•ω•´*)

12月には「福祉のしごと見学会」を予定しています。関心のある方は是非ご参加ください。

(総務係)

先日、多摩平の森イオンモールにあるチョッキンズという子供専門美容室の理容師を呼んで

「前髪の整え方」についての講座を社会福祉法人のたかはた北保育園が行いました!

たかはた北保育園の地域貢献事業の一環で行われたこの取組は近隣のパパ・ママから、

子供の前髪を切りたいけど普通の床屋だと暴れてしまって大変…。

専門の所も近くにない…。

自宅だったら落ち着くけど「切り方」がわからない!

といった声が多数あった為に行われたものです。

なので参加者は基本的には近隣に住んでいる方々です♪

 

この企画はたかはた北保育園の先生から指導できる人を探しているという

相談を受けたことが始まりでした。

 

しかし、なかなか子供の前髪を切れる方は見つからずどうしようかと考えていると…。

職場の人が、イオンモール多摩平の中に子供の専門美容室があるよ!と教えてくれて、

ダメ元で問い合わせてみると…

 

なんと、チョッキンズさんも地域貢献活動の一環ということで理容師の派遣を快くOKして下さりました\(^o^)/

 

 

本日は人気の高い髪型の「前髪パッツン」をやっていきます。

まずはマネキンを使って髪の毛のまとめ方やはさみの使い方などを教えてもらいました。

 

 

 

髪を切る準備OK!!

 

 

 

やっぱりママさんが目の前にいると子供も安心するみたいです^^

 

 

美容師の方に指導を受けながらチョキチョキ…。意外と躊躇わずに髪を切り始めるママさん達!(驚)

かわいい前髪になって子供たちもにっこり笑顔♪

 

保育園としても初めての試みだったのですが、ママさん達も喜んでいました。今後も定期的に地域貢献事業として行っていく予定とのことです。私たちもご紹介できて良かったとホッとしています^^

お忙しい中、お越しいただいたチョッキンズさんも本当にありがとうございました!今後とも是非お付き合いの程よろしくお願い致しますm(__)m

 

※家に帰った後に教えてもらったことを思い出しながら自分の子供の前髪を切ってみたら良い感じになりました♪

 

(地域支援係)

 

 

 

 

先日9/20のおしゃべりサロンではお料理クラブの方主催のおもてなし食事会を開催しました。

 

 

 

 

 

午前中早い時間からお料理クラブのみなさんに準備していただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どの料理も手が込んでいてとても豪華なメニューです(^o^)♪

 

 

 

 

 

 

みなさんでおいしくいただいた後は先日急遽中止となった低栄養のお話しを

薬樹薬局の管理栄養士竹内さんから伺いました。

低栄養になると病気や寝たきりになるリスクがあるとのことです。

低栄養にならないためにたんぱく質をとることが鍵となるのですが、

たんぱく質は1日に女性は50g、男性は60gを目安にとる必要があるとのこと。

みなさん意識して豆製品や卵をとっていても意外と目安の量には足りていないことに驚かれていました。

味噌汁に卵を落としたり、普段のヨーグルトをギリシャヨーグルトに変えるだけで

普段よりもたんぱく質を多くとる事ができるそうです。

おいしく食べて元気に過ごしていきたいですね♪

(在宅サービス係)

日野市社会福祉協議会では、毎年、日野市の委託事業として「手話通訳者研修」を実施しています。
今年度は7月、8月、9月と3回実施しました。

【第1回】
7/25(木)日野市障害福祉課の熊澤課長を講師に、来年度の施行を目指している日野市障害者差別解消推進条例についてお話しいただきました。

7月の段階では「お話しできることが限られている」なかで、分かりやすくお話しいただきました。
熊澤課長のお話しの後、日野市聴覚障害者協会の有山会長と共に用語の確認をしました。

【第2回】
8/1(木)東京手話通訳等派遣センターの居山知絵さんを講師に、「会議場面の手話通訳」について学びました。
会議では、通常2人の手話通訳者が派遣され、交代しながら確実な情報保障をおこなっていきます。
フォローの仕方など、分かりやすくご説明いただきました。

【第3回】
9/26(木)日野市地域包括支援センターの飯沼さん、唐沢さんを講師に、「介護認定調査」について学びました。

始めに飯沼さんから制度についてお話しいただきました。

その後、唐沢さん、日野市聴覚障害者協会の有山会長と模擬通訳演習!

①70歳/独居/ろう者
②80歳のろう者と聞こえる娘
③80歳の聞こえる母とろうの息子

あらゆる場面設定をしておこないました。

本研修実施にあたりご協力いただきました皆様、誠にありがとうございました!
また、手話通訳者の皆さん、3回すべて夜7時から2時間の研修、お疲れさまでした。常に勉強する姿勢に毎度頭が下がります。今後ともどうぞよろしくお願いします。

 

(総務係)

© 2019 日野市社会福祉協議会ブログ Suffusion theme by Sayontan Sinha