日野市で集められた赤い羽根共同募金の約70%は日野市の福祉のために、約30%は東京都全域の福祉のために使われています。
日野市では、市民に分かりやすく、市民主体で地域の実情に応じた審査・配分・募金の実現を目指し、「日野地区配分推せん委員会」が設立されています。

8月26日(金)、日野地区配分推せん委員による、平成27年度配分施設見学会を実施しました。

①自立援助ホーム トリノス

自立援助ホームとは、義務教育を終了した20歳未満で、家庭で暮らせない事情のある人たちが、働きながら共同生活の中で自立を目指す場所です。開所にあたり必要な備品購入等に配分しました。

お部屋やリビングを見学させていただきました。

②すずかけの家

利用者さんの授産作業である紙漉き製品を作るのに必要なブレンダ―(ミキサーみたいな感じ?)を購入するため配分しました。ブレンダ―を操作する利用者さんの笑顔が、本当に素敵でした(*^_^*)

委員さんから職員さんへ、色んな質問がありました。

③あおいとり日野

パン製造に欠かせないドウコン、クッキー製造に欠かせないフードプロセッサー購入のため配分しました。

目を引くピンク色の建物!

焼きたてのパンが香る中、お話しいただきました。

④ディーセント・ワーク平山台

ステンレス製調理台購入のため配分しました。

伊藤理事長からお話しいただきました!

ディーセント・ワーク平山台で作られた定食。委員さんと一緒にお昼ご飯!

本見学会で「本当に助かっています」「本当にありがとうございました」と各施設の職員さんから口々に言われました。委員会内で配分額を審査することは、苦渋の選択を迫られることが多々あります。

だけど、「こんなに感謝されるのは本当に嬉しい。その分責任も感じるが、今後も頑張っていこう」と委員さんと確かめ合いました。

最後に。

委員の皆様、暑い中どうもありがとうございました!!

 

(総務係)

返信する

以下のHTML タグと属性が利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

© 2018 日野市社会福祉協議会ブログ Suffusion theme by Sayontan Sinha