日野市社会福祉協議会では65歳以上の方を対象とした「介護予防教室」を開催しております。

 

今回は、平成30年4月に建て替えされた 日野市旭が丘地区センター をお借りして「歌謡笑」を開催致しました。

「歌謡笑」の講師は、かわせみハウスで活動中の中能孝則さんです。

 

選曲は昭和20年~30年頃の歌謡曲や童謡唱歌。

「歌は世につれ 世は歌につれ」とも言いますが様々な「歌」から時代背景を感じますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

この日の参加者は41名。

皆さん、手元にある歌詞カードを見ながら、曲が流れるだけで直ぐに合唱できてしまうんですね。

これは幼少の頃から青年期へ、そして壮年期へと移行していく段階で、何度も何度も繰り返し、耳にし、声を出して、歌われ続けてこられたからではないでしょうか。長期記憶の想起ですね。

 

 

さて突然ですが、皆さん最近お腹の底から笑われたことはありますか?

・・・昨日?・・・・一週間前?それとも一ヶ月前でしたか?

あなたにとって、どれほど前のことですか?

 

 

中能講師のお話は経験談や漫談が実に豊富です。

この日はお腹の底から「わっはは」「わっはは」と大きな声を出され、笑い声が絶えない「あっ」という間の1時間30分でした。

次から次へとお話しの展開に皆さんは目を離せず引き込まれていました。

あなたも一度は、このような会場に足を運んでみませんか。

 

 

また、また、突然ですが、「笑いの効果」をご存知ですか?

ある方が病気でご入院された後、漫画の本を読んで笑って過ごされていたら、早く回復したという話を聞いたことがあります。

科学的には「笑い」という行為は、体に酸素を多く取り入れ、体の血流を良くする効果があるとも言われ、またNK細胞が活発に活動し免疫力もアップするとも言われています。

 

日野市内にお住まいの65歳の皆様へ、

日野市内で開催されている介護予防教室に、是非、一度、足を運んでみて下さい。

食べず嫌いより、食べてみると意外と美味しかったりするご経験もされていると思います。

きっと何かを感じて頂けるかもしれません。

このような介護予防教室の開催については、ひの広報に掲載中です。ご連絡お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

◇◇◇ お 礼 ◇◇◇

中能先生、今回は指折り体操・グーパー体操なども交えて頂きありがとうございました。

歌って口腔体操、体を動かして脳トレ体操、ご参加して頂けた皆さまの介護予防に繋がることができたと思います。ありがとうございました。

 

また地域包括支援センターのご担当者の方、「振り込め詐欺の注意喚起とインフルエンザ予防」のお話「転倒予防体操の教室開催」のお知らせを行って頂きありがとうございました。

 

日野市社会福祉協議会 地域支援係

☎042-584-1294

返信する

以下のHTML タグと属性が利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

© 2018 日野市社会福祉協議会ブログ Suffusion theme by Sayontan Sinha