もし、多摩地域で大きな地震が発生したら…

日野市を流れる多摩川や浅川が決壊したら…

あなたはどんな行動をとりますか?

 

日野市社会福祉協議会は、大規模災害発生時、

ひの煉瓦ホール(市民会館)に「災害ボランティアセンター」を立ち上げ、

被災者の困りごと相談の受付や、全国から駆けつけるボランティアの調整を行います。

 

12月13日(木)に開催された「災害ボランティアセンター立ち上げ研修(勉強会)」では、

全国各地で被災者支援を行ってきた

東京ボランティア・市民活動センターの吉田真也さんをお招きしました。

「日頃から災害のことをみんなで一緒に考え、ともに防災・減災に取り組むこと、

困った時には助けてと言える関係性を築くことが大切です」と吉田さん。

 

後半は、「災害時要配慮者」について考える「YES/NOゲーム」を行いました。

「あなたは障害者。大雨で避難準備情報が出た。川が決壊するおそれあり。

すでに外は大雨だが、これ以上水かさが増したら避難できなくなると思い、避難を決行した」

あなたはYES(避難する)?NO(避難しない)?

どちらの答えを選んでもリスクが発生するジレンマに、みなさん頭を悩ませていました。

※ご関心のある方は「ゆめ風基金 賛否両論ゲーム」で検索を!

 

 

自分や大切な人を災害から守るために。

あなたも一緒に考えていきませんか?

(ボランティア係)

返信する

以下のHTML タグと属性が利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

© 2019 日野市社会福祉協議会ブログ Suffusion theme by Sayontan Sinha